事業内容

1. 山林管理

西粟倉村の進める「百年の森林づくり事業」について、株式会社百森は村内2600haを超える山林の管理を行っています。山主さんとの連絡や交渉、山林の調査や作業道の設計、間伐等施業の発注および検査、補助金申請などが主な業務です。

林業は一定の面積をまとめて施工しなければ作業効率が悪くなり、作業道も急傾斜とってしまうため危険も増します。しかし、西粟倉の山林は(多くの日本の山林と同じように)細かく所有者が分かれています。そこで、まずは山主さんに10年間の長期施業管理委託契約を結んでもらい、集約化していくことから山林管理は始まります。

西粟倉の山林は8割が人工林。村内に330万本あるスギ・ヒノキは「孫の代には財産になる」そう信じて誰かが1本1本植えたものです。いわば、針葉樹の畑。間引くなどの手入れをすることで、はじめて工業製品としての価値がつきます。株式会社百森は、集約化された山林について、どこをいつどのように整備するべきか、状況を調査し、計画・設計を行います。

株式会社百森は、林業機械を所持しておらず、自前で間伐等を行なうことはほとんどありません。基本的に施工は村内の事業体に発注します。山主さんから預かった山林をより価値の高い山に仕立てるため、百森は施業状況の監督・検査を行なっており、事業体と協力しながら手入れを進めています。基本的な施工仕様書はオンラインでもご覧いただけます

2. 山林活用

西粟倉の山林、ひいては日本の山林が「スギやヒノキなどの畑」としてだけではなく、より多くの価値を最大限発揮できるよう、様々な実験を繰り返しています。最近では林内に秘密基地をつくってみたり、チェンソーでの伐倒をアクティビティとして提供しています。

3. ツール開発

私達はより生産性の高く、効率的な森林管理を日々追い求めています。その中で、林業専用日報サービス「Wooday」や山主情報管理システム「百森ちゃん」の開発を行い、ツールの販売やコンサルティングを実施しています。また、Redmineなど他業種のツールも積極的に活用しています。